妊活サプリは、どれがいい?

妊活サプリの効果は?どれがいい?

妊活するためには妊娠しやすい体質を作っていくことが大切です。

妊娠したい女性たちへ!妊活サプリの重要性


kdjisjdjsdjlsjdklsdsdsd

妊娠したいけれど普通に性生活を行っているにもかかわらず、なかなか妊娠できない人も多いです。1年以上たっても妊娠に至らない場合は不妊症として治療対象になることもあります。

しかし、治療を行うまでのことはしたくない、できれば病院へ行かずに妊娠したいという人には、妊娠しやすい体質作りが大切です。

まずは日常生活や食生活の改善です。妊娠に冷えは大敵です。体が冷えることで妊娠できない体質になっていることもあります。冷房などが直接体に当たるのを避け、冷たい食べ物や飲み物なども少し控えめにします。

ストレスが冷えや妊娠できにくい体質にしていることも多いので、ストレス解消もかねて軽い運動や入浴する習慣をつけます。食生活でも体が心から温まるようなショウガなどを積極的に取り入れるなどの工夫をしてみましょう。

妊娠はおなかの中にもう一人の命が宿ることです。もう一人の命を育てるため、二人分の栄養素が必要となります。特に血液に関する鉄分や、細胞を生成するために必要な葉酸や亜鉛、ミネラル分などは妊活に必要な栄養分といえます。

しかし、これらの栄養分をすべて食事でとろうとすると太ってしまうため、効率よくとるためにサプリメントが必要となってくるのです。

妊活に必要な栄養素とサプリメントの重要性

妊娠中は母体は胎児にも栄養を与えなければならないため、血量が増えます。そのため胎児にしっかりと栄養や血液を循環させるために、母体は今まで以上に栄養素を体に取り入れる必要があります。

母体が特に強化しなければならない栄養素は、葉酸や鉄分、亜鉛やミネラル分などです。しかし、これらの栄養素を今まで以上に取ろうとして、食事量を増やすことで、妊娠中の体重管理やほかの栄養素まで過剰摂取してしまう傾向があります。

そのため、必要な栄養素を取ろうとして体重が異常に増加してしまい、妊娠高血圧や妊娠糖尿病などになってしまうこともあります。

もちろん必要な栄養素を自然な食品から摂取することは大切なことですが、食べ物だけで補うことで体重の増加がみられたり、一生懸命食べ物から摂取しようとしてもなかなか食品から取り入れることが難しい栄養素などはサプリメントで摂取する必要があります。

また、外食や総菜などに多く含まれている食品添加物などは多量に摂取すると胎児の成長に影響を与えることもあるため、食事だけでなくサプリメントも上手に活用したいものです。

妊活に必要な栄養素とサプリメント

妊娠中は自分だけに必要な栄養を取ればいいわけではありません。特に母体は胎児を迎えるに当たって、今まで以上に栄養が必要となるため、胎児を迎える前から積極的に妊活に必要な栄養素を取り入れる必要があります。

妊娠をうまく成功させるためには様々な栄養素が必要ですが、その栄養素をすべて必要な分食事で摂取するためには、かなりの食事量になってしまいます。

妊娠中に体重が急激に増加してしまうと、それが原因で妊娠糖尿病や妊娠貧血など様々な病気になって、胎児を安全に育てることが難しくなってしまうので、上手にサプリメントを活用していく必要があります。

サプリメントは今や普通のスーパーなどでも販売されていますが、様々なものがありすぎてどのようなものを選べばいいのかわかりません。そこで妊活に必要な栄養素と、それを含んだサプリメントの選び方などを紹介していきます。

sajsijasjiajisjioajoisa

妊活に必要な栄養素とサプリメントの上手な活用法

妊活に必要な栄養素と聞いてまず思い浮かべるのは葉酸です。葉酸は妊娠に非常に必要な栄養素です。

細胞の生成をさぽーとしたり、造血作用や神経伝達物質の生成などに大きく関与している栄養素のため、妊娠する前からぜひ摂取しておきたい栄養素ですが、食事で積極的に摂取しようとしても妊娠前に必要な分の葉酸しか摂取できないのが現状です。そこで葉酸はサプリメントでの摂取が非常に重要になります。

また、妊娠するにあたって、子供にも血液や栄養分をしっかり届けるために血量が増加します。しかし、食事から摂取する鉄分量が変わらなければ、血液中の鉄分が不足し、貧血を起こしてしまいます。

レバーやホウレン草、ヒジキなど食事で補うことも大切ですが、もともと貧血気味の人や気を付けていても妊婦健診などで貧血と言われた場合にはサプリメントを活用することが大切です。

妊娠するとおなかの中で胎児は細胞分裂を繰り返して成長していきますが、その細胞分裂を促進させるのが亜鉛です。母体の亜鉛が足りなくなると、おなかの中で赤ちゃんがうまく成長できず、低身長や低体重などといった発育不全が起きてしまうことがあります。

レバーやチーズ、大豆製品や牡蠣などに多く含まれているため、食事でも摂取することができますが、毎日亜鉛のことばかり考えて食事を組み立てるわけにもいかないため、亜鉛もサプリメントで補うようにしておきましょう。

妊娠と直接関係はありませんが、妊娠しやすい体質を作るため、大豆イソフラボンも重要です。大豆イソフラボンは女性ホルモンの中のエストロゲンと非常に似た分子構造や働きを担っています。

そのため女性ホルモンを補てんすることができ、妊娠しやすい体質を作り出します。大豆製品を摂取することで補充することができますが、毎日摂取するのは難しいため、時折サプリメントなどで補てんします。

ローヤルゼリーはストレスを解消させたり、体力をアップさせ、冷え性改善など、妊活に必要な栄養素として重要です。しかし、ローヤルゼリーは食べ物として摂取できる成分ではないため、サプリメントからでなければせっしゅすることはできません。

 

TOPへ戻る